​活動記録

2020年4月:愛知県にある中京大学 総合政策学部 坂田 隆文ゼミの学生10名と「五合初となるBtoC商品」の活動開始 

2020年6月:五合に対し、中京大学 総合政策学部 坂田 隆文ゼミの学生がゼロクリアを用いたB to C商品アイデア 3,139個を企画提案

2020年7月:3,139個のアイデアの中から最も五合の技術を活かせる商品としてキャンプ食器の商品化を決定

2020年8月:中京大学 総合政策学部 坂田 隆文ゼミの学生がキャンパーを中心とした320名にアンケートを実施

2020年10月:中京大学 総合政策学部 坂田 隆文ゼミの学生が考えた商品名案1,000件の中から、商品名を「Earth Gear」に決定

2020年10月:中京大学 総合政策学部 坂田 隆文ゼミの学生と大手量販店へ営業同行

2020年10月21日:「Earth Gear」公式インスタグラムを開設し、中京大学 総合政策学部 坂田 隆文ゼミの学生と情報発信を開始

2020年10月31日:中京大学 総合政策学部 坂田 隆文ゼミの学生が名古屋大学主催「Tongaliアイデアピッチコンテスト」に参加し、予選通過

2020年11月:「Earth Gear」試作品完成

2020年11月2日:大学ジャーナルオンラインに記事掲載

2020年11月15日:中京大学 総合政策学部 坂田 隆文ゼミの学生が

​          名古屋大学主催「Tongaliアイデアピッチコンテスト」で「Earth Gear」が優秀賞&副賞SMBC日興証券賞をW受賞

2020年11月30日:中京大学HPに記事掲載

2020年11月30日:クラウドファンディングMakuakeにて「Earth Gear」のプロジェクト公開。開始1時間で目標金額30万円を突破

2021年1月15日:クラウドファンディングMakuakeにて「Earth Gear」が応援購入金額3,973,200円、目標達成率1300%を達成

2020年12月3日、4日:中日新聞 市民総合版・近郊版 掲載

2020年12月10日:春日井商工会議所HPに「~ピンチをチャンスに~市内企業の新型コロナウイルス感染症対策の取組み」事例として掲載

2021年3月16日:中京大学HPに記事掲載

クラウドファンディング Makuake のサポーターの方々

Earth Gearは、クラウドファンディング Makuake のサポーターの方々のご支援のもと完成した商品です。
​応援購入頂きありがとうございました。

​株式会社五合

株式会社五合(本社:愛知県春日井市、代表取締役:小川宏二)は、知的財産を活用しモノづくりに挑んでいる塗料メーカーです。五合の「水だけで汚れを流し落とせる塗料『ゼロ・クリア』は特許を取っており、Made in Japan 新潟 燕三条で生産される高級なスプーン、フォークなどの洋食器を始め、大手家電メーカーの洗濯機のドラム、鉄道車両、東京の地下鉄駅など様々な用途に使われてきました。

Earth Gearは、「開発、製品が誕生するとき、製品を使っているとき、製品がその寿命を全うするとき」、つまり「製造、使用、廃棄」の全てにおいて、環境に配慮するよう力を入れています。

さらに何世代も受け継がれることを前提にして、タイムレスに価値がある商品をつくることを念頭におき、アフターサービスも万全に備えました。

関係者一同、真心を込めて作り込んでまいりました。手に取っていただいた方の心に、火を灯すような製品になっていればと願っています。ぜひ、よろしくお願いします。

HP : http://www.gogoh.jp/

EMAIL :  earthgear@gogoh.jp

中京大学 総合政策学部

坂田隆文ゼミ

愛知県名古屋市にある中京大学の中でも最も厳しいゼミだと定評のある総合政策学部坂田隆文ゼミは、マーケティングを専攻する学生たちが常日頃から産学連携の商品企画・販促企画提案に取り組んでおり、これまでにも井村屋やサークルKサンクス(現・ファミリーマート)、中日ドラゴンズ、ブラザー工業、山崎製パンといった企業での商品化を実現してきています。

今回の株式会社五合との活動では、「とにかく頑張る、もっと頑張る、できるまで頑張る」を合言葉に企画の提案だけでなくインスタグラムでのプロモーション活動にも力を入れて頑張っています。

 

HP:http://www.sakataseminar.jp/

© 2023 Prickles & Co Wix.comを使って作成されました